鮫肌とは?

鮫肌とは魚鱗癬(ぎょりんせん)とも呼ばれることがある、皮膚の疾患です。肌の再生機能(ターンオーバー)がうまく働くことができないために、皮膚の角質が落ちることなくひび割れたり、赤く浮き上がった発疹のようなものが発生することがあります。角質化した皮膚がブツブツとしたり、ガサガサとした食感があり、見た目もちょうど魚の鱗状になることがあるため魚鱗癬、あるいは鮫肌と呼ばれるようになりました。

 

鮫肌は衣類の下に隠れる部位であれば、隠すことも可能ですが、手足や首、二の腕などに発症した場合には、見た目のいびつな感じのために、言われなき差別を受けることがあります。また鮫肌は子供にもよく起こる疾患であるため、いじめやからかいなどの原因となり、それが理由で引きこもってしまうようなケースも見られます。

 

鮫肌は乳幼児から大人まで、あらゆる世代で発症します。乳幼児に鮫肌が発症した場合は、特に全身性となることも多いため、早期の対応が何よりも重要となります。

 

実はなぜ鮫肌になるのか、その原因は、現代の医学の進歩をもってしても100%解明されているわけではありません。しかし遺伝性があることはほぼ確実とされています。遺伝性の場合、乳幼児期などに鮫肌が発症することが多いのですが、根気よく治療を続けることで、多くの場合は完治します。原因がまだ解明されていない部分があるため、治療はもっぱら対症療法になります。

 

また鮫肌のある人はアトピー性皮膚炎を併発する割合が高く、逆にアトピー性皮膚炎の人が鮫肌を発症する割合も、通常の肌の持ち主に比較して高くなっています。しかし両者の関係に関しては、これからの研究にかかっていると言わざるを得ません。

口コミから火がつき3分に1個売れている「みんなの肌潤糖」とは?

様々な肌トラブルに悩む人の間で口コミで広がり今や3分に1個売れている保湿ケア商品があります。それが「みんなの肌潤糖」。砂糖の持つ高い浸透力と吸水・保湿力を応用した商品でその美肌効果と全身の肌トラブルに使用できる手軽さから多くの方が利用しています。

みんなの肌潤糖についてさらに詳しく

 

鮫肌の場合の保湿ケアの注意点

鮫肌は症状によっていくつかの種類に分類されます。そのうちもっとも軽症の状態が乾燥肌。ターンオーバーの異常によって肌が極端に乾燥し、それが皮膚の表面を剥がしてしまったり、炎症を起こすことで症状がどんどん悪化していきます

 

それだけに鮫肌対策は保湿が基本となります。ただ、一般的な乾燥肌とは異なり、スキンケア製品に頼って行うのは注意が必要です。乾燥によって肌が敏感になっている状態だと市販のスキンケア製品では刺激が強すぎる場合もあるのです。乳液や保湿剤の使用は注意した方がよいでしょう。

 

基本的な保湿対策はスキンケア製品では医薬品で行います。保湿外用薬や角質軟化薬などです。症状が酷い場合には皮膚科で診察を受けて適切な薬を処方してもらう必要があります。まだ軽度の場合はドラッグストアで薬剤師に相談してみるとよいでしょう。

 

また、生活習慣にも注意が必要です。肌が乾燥しないような環境を心がけること。たとえば冷房。夏場いくら暑いからといって冷房がガンガン効いた部屋で長時間過ごしていると肌がどんどん乾燥していきます。基本の差が極端な場所を行き来するのも要注意です。

 

最後にもうひとつ。症状が重く、炎症による痒みに悩まされてしまっている場合に保湿外用薬などを使用すると痒みが悪化することもあります。症状の程度を見極めながら使っていくことも大事でしょう。かいてしまったり、外からの刺激に肌を晒さないよう、保護する対策も併せて行っていきましょう。根本的な治療が難しい鮫肌ですが、できるだけ症状を和らげる工夫を行っていきたいところです。

肌トラブル対策の関連サイト

薬用入浴剤華密恋とは?:アトピーや乾燥肌などトラブル肌対策の薬用入浴剤「華密恋」とはどのような商品なのでしょうか?華密恋の効果と感想を紹介しています。
保湿ジェル・クリーム口コミ人気ランキング:スキンケアで最も大切なのが保湿。保湿関連商品を口コミをもとにランキングしました。

 

更新履歴